エアアジアの「機内持ち込み手荷物、ハンドバッグ」の続報です。

 

マレーシア東部の島、ラブアン島よりお届け致します。

 

さて、以前、「エアアジアの機内持ち込み手荷物、ハンドバッグについて」という記事を書いたところ、

当ブログでベストスリーに入るほどアクセスを稼ぐエントリーとなりました。

 

特に「エアアジア ハンドバッグ」というキーワードからの流入が多く、

当時の私と同じく、

エアアジアの規定で認められている機内持ち込み手荷物のうち、「ハンドバッグ、又はパソコン用バッグ」というのがどの程度の重さや大きさまで認められるのか

という点で悩んでいる人が多いことを改めて感じました。

私自身、これまでは、以前の記事で紹介した組み合わせでエアアジアを利用してきましたが、

今回初めて、

以前使っていた吉田カバンよりもワンサイズ大きいものを「ハンドバッグ」として搭乗手続きをし、無事に認められましたので、

今後エアアジアを利用される方のご参考のため、写真等掲載しておきます。

 

なお、エアアジアの対応は各空港、各職員ごとに異なるというようなことも聞きますので、

私としても「この組み合わせであれば必ず認められます」と保証するものではありません。

あくまでもご参考程度ということで宜しくお願いします。

 

以下、「ハンドバッグ」として持ち込んだカバンです。

Briefing というメーカーのLance3という商品。

一般的な通勤用ビジネスバッグよりはやや小ぶりです。
一緒に移っているペットボトルは、500ミリリットルサイズのもの。

 

そして、「7kg以下の手荷物」として持ち込んだのは、
いつものカリマー社製「エアポートプロ40R」です。

 

ちなみに、今回利用したエアアジア便は、「クアラルンプールからラブアン島」のものです。

ラブアン島へはビジネスパートナーとの打ち合わせ、銀行視察(ラブアン法人開設後、どの銀行が口座を開設してくれるのか。その条件などを確認)のためにやってきました。

次回はラブアン島に関する記事を投稿予定です。

司法書士 熊木雄介
Mail: info@office-kumaki.name

 


この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。