ラブアン法人がマレーシアリンギットで取引をする場合の注意点

VCR Cafe にて。

 

こんにちは。

司法書士の熊木です。

 

中華正月の連休が昨日で終わり、

ようやく今日から本格的に仕事再開です。

本格的に仕事再開の前に、

自分の仕事スタイルやワークライフバランスを見つめ直すために

ライフハッカーの HOW I WORK で他人様の働き方をチェックしまくりました。

おすすめです。

HOW I WORK ( ライフ・ハッカー )

 

------

さて、今日はラブアン法人ビジネスでのマレーシア・リンギットの扱いについて。

 

ラブアン法人は、原則として、

リンギットでビジネスをすることができません。

たとえば、

  • リンギットで請求をしたり、
  • リンギットで売上を受け取ったり、
  • リンギットで仕入れをしたり、

というようなことはNGなわけです。

 

基本的に、すべての取引をリンギット以外の通貨(USDやJPYなど)

で行うことが求められます。

 

ただ、例外的にリンギットを使ってOKな場面も規定されています。

  • 税金や信託会社へ支払い、
  • 経費の支払い、
  • マレーシアの銀行口座でリンギット口座の維持、
  • 給料の支払い、
  • マレーシア法人への出資する場面、

などです(他にも例外的に認められる場面はあります)。

 

ラブアン法人は、ラブアン当局(LABUAN FSA)への届出等の条件を満たせば、

マレーシア居住者やマレーシア法人と取引をしてもOKなのですが、

その場合でもリンギットでの取引ではなく、USD等の外貨で行う必要がある点も注意です。

 

それではまた。

2017年2月2日

司法書士 熊木 雄介
Email: info@office-kumaki.name

※ ご相談やお仕事のご依頼につきましては、まずはEメールにて、ご相談内容・ご依頼内容をお送りいただけますと幸いです。

※ 弊社は、毎月複数件のラブアン法人設立、就労ビザ申請、法人口座開設をお手伝いさせていただいております。また、我々司法書士には守秘義務がありますので、安心してご相談くださいませ。

※ 匿名でのお問い合わせや十分な情報をいただけないお問い合わせにはお応え致しかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

<<ラブアン法人設立サポートのウェブサイトはこちら!>>
実績多数! ラブアン法人設立サポートサービス! (新しいタブで開きます。)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。