【ラブアン法人】中国人、韓国人等を役員や株主にする場合の注意事項

神戸へ帰省中、子どもたちと行ってきた須磨海浜公園の写真です。しばらく行かないうちにきれいになってますね。

 

こんにちは。

KSG Holdings Ltd.の司法書士 熊木です。

 

ラブアン法人を設立する際、

もしくは、既存のラブアン法人に取締役や株主を追加する際には、

その新役員/株主に関して、ラブアン信託会社によるバックグラウンドチェックが行われます。

 

バックグラウンドチェックでは、

犯罪歴がないか、

政治家と関連した人物ではないか

等について

データベースに照合してチェックします。

 

データベースに照合する際は

パスポート上の氏名で検索をかけ、

同姓同名のブラックリスト該当者があれば、

それらのブラックリストをひとつひとつチェックし、

クライアントのブラック情報ではないことを確認していきます。

 

このブラックリストチェック、

日本人の場合は同姓同名がそもそも少ないので作業も少なく、スピーディーに疑念が晴らせるのですが

韓国人や中国人の場合、

非常に多くの同姓同名者がおりますので

100件以上の同姓同名のブラックリスト該当者がヒットし、

それらひとつひとつをチェックするのに時間を要し

法人設立や役員追加が遅れることがあります。

 

したがいまして、

ビジネスパートナーである中国人や韓国人(やその他同姓同名が多い国の人)を役員や株主に含めることを検討されている場合でも、

スピーディーな法人設立が最優先の場合は

ひとまず日本人のみで法人を設立し、

銀行口座開設まで完了させ、

その後に、それらの方々を役員等として追加する、

という方法をご検討いただくのも良いかと思います。

 

それではまた。

2017年8月15日
司法書士 熊木 雄介
Email: info@office-kumaki.name

※ ご相談やお仕事のご依頼につきましては、まずはEメールにて、ご相談内容・ご依頼内容をお送りいただけますと幸いです。

※ 弊社は、毎月複数件のラブアン法人設立、就労ビザ申請、法人口座開設をお手伝いさせていただいております。また、我々司法書士には守秘義務がありますので、安心してご相談くださいませ。

※ 匿名でのお問い合わせや十分な情報をいただけないお問い合わせにはお応え致しかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

<<ラブアン法人設立サポートのウェブサイトはこちら!>>
実績多数! ラブアン法人設立サポートサービス! (新しいタブで開きます。)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。