リスクヘッジとキャッシュフロー改善に使える、自社専用保険会社(キャプティブ)の設立。

KLのデサスリに最近オープンした日系焼肉屋さん。

 

こんにちは。

KSG Holdings Ltd.の司法書士 熊木です。

 

以前にも何度かこのブログで取り上げさせていただきました、

ラブアン島での自社専用保険会社(いわゆるキャプティブ)の設立。

ようやく、お手伝いさせていただくことができそうです。

 

自社専用保険会社(キャプティブ)とは

保険業を営んでいな企業や企業グループ(つまり、一般の事業会社グループ)が、

その子会社として設立する、自社または自社グループのためのリスクのみを引き受ける保険会社のことです。

 

これまでグループ外の保険会社に流れていた保険料の一部を

自社で組成した自社専用保険会社に留保することができるようになりますので、

保険によりリスクマネジメントをしつつ、

グループ内のキャッシュフローの改善が期待できます。

 

この自社専用保険会社、

柔軟性が高くて税も低いオフショア地域にて組成されることが多く、

もちろん、われらがラブアン金融庁でも、

自社専用保険社会社を設立することが可能となっております。

 

弊社自身は保険商品組成の専門家ではありませんので、

保険商品の組成やこの自社専用保険会社を使ったスキーム構築については、専門家(日系企業)をご紹介させていただき、

弊社側はラブアン側の手続き面を担当させていただきます。

 

それなりにコストもかかりますので、

毎年の保険料の支払額として、少なくとも5000万円以上を検討できる企業様が対象になるのではないかと思います。

 

それではまた。

2017年8月24日

司法書士 熊木 雄介
Email: info@office-kumaki.name

※ ご相談やお仕事のご依頼につきましては、まずはEメールにて、ご相談内容・ご依頼内容をお送りいただけますと幸いです。

※ 弊社は、毎月複数件のラブアン法人設立、就労ビザ申請、法人口座開設をお手伝いさせていただいております。また、我々司法書士には守秘義務がありますので、安心してご相談くださいませ。

※ 匿名でのお問い合わせや十分な情報をいただけないお問い合わせにはお応え致しかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

<<ラブアン法人設立サポートのウェブサイトはこちら!>>
実績多数! ラブアン法人設立サポートサービス! (新しいタブで開きます。)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。