英文履歴書を作成する際の注意事項について(ラブアン法人就労ビザ)

月曜の朝はオフィス出勤前にカフェで一仕事。先週買った Sony RX 100 M 3 で撮りました。

 

こんにちは。

KSG Holdings Ltd.の司法書士 熊木です。

 

英文履歴書を作成する際の注意事項

就労ビザを申請する際、

申請者の履歴書(英文)を提出する必要があります。

弊社にご依頼いただいた方には英文履歴書のサンプルをお渡ししますが、

もちろん、人によって学歴、職歴等は違いますので、そのサンプルをご自身のご経歴等に合わせて修正していただく必要があります。

 

履歴書には以下のような内容を記載していただきます。

  • 氏名、住所、国籍、生年月日
  • 使用できる言語
  • 学歴(卒業した大学や学部)
  • 保有している資格
  • スキル
  • ラブアン法人での役職、職務内容
  • これまでの過去に勤務した会社、その会社での役職、職務内容、達成した実績

 

履歴書は単に提出すればよいというものではなく、

就労ビザの審査の際の重要な審査材料のひとつとなりますので、

履歴書を作成される際には、ビザの審査官にアピールする意識で作成していただく必要があります。

どのようなことをアピールすればよいかというと、主に以下の二点です。

  • ラブアン法人が行う事業にとって、自分のノウハウ・スキル・人脈・経験がいかに必要不可欠なものであるか
  • なぜマレーシアに生活の本拠を移す必要があるか

 

たとえば、

ラブアン法人が東南アジアの日系企業を対象としてITシステムやウェブサイトに関するのコンサルティング事業を行う予定である場合、

  • 自分は日本でシステム開発のビジネスを展開していた(あるいはその業界に長く勤務していた)こと、
  • 何十社のウェブサイト開発に関与した実績があり、例としては http://◯◯.com のようなウェブサイトを開発した、
  • 東南アジアの日系企業に対する営業活動を自ら行う予定である(そのためには、日本では遠い。東南アジアの中心であるマレーシアへ移住する必要がある)、

というようなことが伝わるように、

過去の職場での職務内容や実績を詳細に記載したり、

ラブアン法人での役割を作成する必要がある、ということです。

 

また、もしご自身がウェブサイト作成やオンライン・マーケティングを得意としている場合は、

過去の職歴の中でそれらの職務内容や実績をアピールしていただき、

そして、ラブアン法人での役割を記載する欄に、

ラブアン法人でも自らウェブサイトやマーケティングを担当する、

というようなことも効果的です。

 

あるいは、

もしご自身が法学部の出身であれば、

ラブアン法人のLegal Documents の作成やレビューや外部Lawyerとの折衝などをご自身が担当する予定である、

ということをアピールするのも良いかと思います。

 

ラブアン法人の就労ビザ申請も年々難易度があがってきていますので、

もうひとつの重要書類であるビジネスプランの作成とあわせて、

履歴書の作成もしっかりと丁寧に作成されることをお勧め致します。

 

雑記:Sony RX100 マークⅢ 買いました

少し前の機種になりますが、

一眼並の写真が撮れるコンデジ RX100 マークⅢ を買いました。

Sony のNEX-5Rというコンパクトなデジタル一眼を持っていたのですが

それでもやはりカバンに毎日放り込めるほどのコンパクトさはなかったので

さらに小さく、ポケットにも入るようなサイズ感のRX100をゲットしました。

評判がいいとはいえそれでもあくまでもコンデジなので写真の出来栄えが少し心配でしたが

このブログ記事の冒頭の写真がRM100マークⅢで撮った写真です。いかがでしょう?

ブログで使ったり、子どもたちを撮るには十分な画質です (^^)

 

それではまた。

2018年4月2日

司法書士 熊木 雄介
Email: info@office-kumaki.name

※ ご相談やお仕事のご依頼につきましては、まずはEメールにて、ご相談内容・ご依頼内容をお送りいただけますと幸いです。

※ 弊社は、毎月複数件のラブアン法人設立、就労ビザ申請、法人口座開設をお手伝いさせていただいております。また、我々司法書士には守秘義務がありますので、安心してご相談くださいませ。

※ 匿名でのお問い合わせや十分な情報をいただけないお問い合わせにはお応え致しかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

<<ラブアン法人設立サポートのウェブサイトはこちら!>>
実績多数! ラブアン法人設立サポートサービス! (新しいタブで開きます。)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。