マレーシア移住とインターネット契約。電話付きのTM社の5Mbpsをチョイス!

昨日ようやく繋がった自宅インターネット。
どの会社と契約するか悩みに悩んだ末、マレーシアで一番ポピュラーなTMという会社と契約しました。
(ちなみに、他の候補はMaxix社とAstoro社。Maxisは安さ、AstroはセットでついてくるテレビサービスでNHKが観れるという点が売り)

 

photo (2)

 

光回線のプランは速さで区分された5Mbps、10Mbps、20Mbpsの3つのプランがあって、それぞれ月額が4500円、6000円、7500円。携帯電話のインターネットプランと違ってこちらは容量無制限。ただし、「currently unlimited until further notice」と小さい字で書いてあって、いつかは利用者が増えれば制限がかかる可能性はあるっぽい。あと、どのプランにももれなく固定電話と衛生テレビがついてくる。固定電話は同じTM機への電話は無料(ほとんどの家庭がTM機らしい)。衛生テレビは好きな番組を一チャンネル単位で選べて各数百円。オンデマンドで映画が観れたりする。

で、うちがどのプランを選択したかというと、最安値の5Mbpsプラン4500円。ダウングレードは違約金が発生するけどアップグレードはお金がかからないとの説明だったのでとりあえず最安値からスタート。日本で光回線っていうと50Mbpsとか100Mbpsとかそんな単位が飛び交ってるけど実はWebサーフィンしたりYoutubeを観たりするくらいなら5Mbpsで充分、という話しもどこかで聞いたことがあるので。

 

photo

 

で、結果、、、
サクサクです。充分なスピード。youtubeの高画質動画も問題なし。娘がYouTubeでプリキュア観てる横でサッカー動画視聴も余裕。
スピード測定したところ、このTM社、謳っているそのまま5Mbpsに近いスピードがでてます。50Mbpsという表示でありながら10Mbpsくらいしかでない会社もたくさんあるのに素晴らしい。

ということで、
マレーシアへ移住される方は5Mbpsプランから試されることをお勧めします(地域やコンドミニアムによってスピードに差があるみたいですので、その点は要チェック)。アップグレードはTM社へ連絡すれば工事不要でできるみたいです。

下記写真は設置工事に来てくれたTM社のお二人。
フレンドリーでとても親切でした。

 

photo (1)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。