マレーシアの会社登記所(SSM)へ行ってきました。

ちょっと調べ物の用事がありまして、マレーシアの登記所へ初訪問してきました(^^)

今日訪ねたのは「商業」に関する登記所。
日本と違い、商業登記と不動産登記は別の組織が運営しておりまして、それぞれ別の場所に所在があります。

写真を何点かとってきましたのでどうぞ(同業者のごく一部の人しか興味ないと思いますが)。
近未来的でハイテクでポップカラーな感じのしゃれたお役所でした。

 

印象に残ったのは、

・個人事業の登記コーナーが賑わっていたこと。日本と違い、個人事業も登記所への登録がほぼ必須らしく、法人登記のフロア以上に賑わっていました。
・カウンターで諸々相談をしたところ、最後に「このセクレタリー会社に相談したらいいよ」みたいな感じで一民間企業の名刺を渡されたこと!(ちなみに、セクレタリー会社とは、日本の司法書士と税理士と行政書士を足したような業務をする会社です)
・登記情報を請求したら、紙媒体で発行したものを渡してくれたほか、指定のメールアドレスへPDFで送ってくれたこと(1通あたり13RM。今のレートで350円前後)。
・紙媒体の登記情報にはスタンプや署名や特殊な電子処理等はなく、単にPDFをプリントアウトしたものだったこと(なので、登記情報は自宅や会社からのオンライン請求で済ませる人が多く、登記所の登記情報発行コーナーは人が少なかった。担当職員もわずか2名で、しかもそれで待ち時間なしでさばけていた)。
・登記簿の情報量が日本よりも多かったこと。株主の氏名、出資割合、直近の貸借対照表・損益計算表の要旨(日本でいう「要旨」よりももっと簡略なものですが)なども公開されていました。
・「1Day Incorporated」というコーナーがあったこと。

というあたりです。

それにしても、カウンターで渡された名刺の会社。
やはり東南アジア的なそういうことなのだろうか・・・。

 

個人事業の登記申請カウンター前

 

 

正面は1DAY  INCORPORATED の受付カウンター。右手は相談カウンター。

 

 

手数料一覧表。ただ、マレー語なので解読できず。備え付け資料はマレー語のものが多かったです。

カウンターでは英語が通じます。

 

 

一階エレベーター前。登記情報取得と個人事業の登記のコーナーは14階。

会社登記の相談は17階へ。

 

 

17階の一角にパソコンコーナー。皆さん、このパソコンから登記所のシステムにつないで調べものをされていました。

 

 

14階の一番奥にある登記情報取得のコーナー。

このような機械が備えられていまして、これに会社名と会社番号をいれて、13RMを払うと登記情報を交付してもらえます。この操作の中で、紙媒体の交付のみを希望かメールでの送信も併せて希望するかを入力する場面があります。

「会社登記の相談は17階」と書きましたが、会社の登記情報は14階のこちらでとれます。

 

 

個人事業の登記申請コーナーで用紙に記入する人々。

日本でこういう光景があると、それは「登記簿閲覧の請求書を書いている人々」ということになるかと思いますが、マレーシアで登記簿の閲覧は上述の機械でしますので、これはそういうことではなく、個人事業の申請や変更登記の申請をしている場面でした。

 

以上、マレーシアの商業登記所初訪問の報告でした(^^)

 


 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。