【ラブアン法人】 最低預金額30,000リンギで、10通貨口座までOKな銀行を見つけました。

こんにちは。
司法書士の熊木です。

マレーシアで法人用の銀行口座を開設する場合、各通貨口座ごとに最低預金額が設定されているのがネックだったのですが、
この度、「すべての口座の残高合計が30,000リンギット以上であれば、10通貨口座まで開設可能」と言ってくれる銀行とつながりができました。

マイナーな銀行ではなく、シンガポールに本店がある大手銀行です。
リレーションシップマネージャーがつき、日々の口座の利用方法などに関してEメールやWhatsApp(Lineのようなものです。)で相談に乗ってくれます。

また、最低預金額が30,000リンギを下回った場合でも、単にリレーションシップマネージャーが外れるだけで、
口座が凍結されるというようなことはありません。

マレーシアのローカル銀行にありがちな「就労ビザを持っている人しかサイナーになれません。」というような冷たいこともいいませんので、
「MM2Hの方がラブアン法人を設立する場合」や「シンガポールなどの海外にお住まいの方がラブアン法人を設立する場合」のようなケースでも、この銀行をご利用いただくことが可能です。

シンガポールや香港で法人口座を開設する場合のように、口座開設申請にあたってビジネスプランの提出を求められるようなこともありません(クアラルンプールでの面談はありますが、私も同席します)。

他にも銀行の選択肢はいくつかあり、それぞれに特徴がありますので、弊社にラブアン法人設立をご依頼いただいたクライアント様には、他の銀行の選択肢と併せてご案内させていただきます。

( なお、普通のマレーシア法人でもこの銀行での口座開設をサポートさせていただくことも可能です。 )

それではまた。

司法書士 熊木 雄介
Email: info@office-kumaki.name

※ ご相談やお仕事のご依頼につきましては、まずはEメールにて、ご相談内容・ご依頼内容をお送りいただけますと幸いです。弊社は、毎月複数件のラブアン法人設立、就労ビザ申請、法人口座開設をお手伝いさせていただいております。また、我々司法書士には守秘義務がありますので、安心してご相談くださいませ。
※ 匿名でのお問い合わせや十分な情報をいただけないお問い合わせにはお応え致しかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

<<ラブアン法人設立サポートのウェブサイトはこちら!>>
実績多数! ラブアン法人設立サポートサービス! (新しいタブで開きます。)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。