【マレーシア法人】 中小企業(SME)の税制上のメリット!! Labuan IBFCからセミナー講師のお誘い!

|

こんにちは。

司法書士の熊木です。

3月末はなんとか乗り切りましたが、まだまだSUPER BUSYです・・・。

既存クライアントさんの法人税申告、Form E、個人所得税申告、就労ビザ申請・更新、

すべてがこの時期に重なり、

それに加えて、このようにこまめにブログを書くので

新規ご相談も毎日たくさんいただきまして、

4月は5~6社の新規設立となりそうです(忙しいですが、ありがたいです!!)。

プログラミングによる自動化をますます強化して乗り切ります。

 

Python をつかえば、

数字とアルファベットをランダムな5桁の組み合わせを10000個、

以下のようなシンプルなコードで生成して、出力できます。

プログラミングは楽しいですし、仕事に役に立ちますね。忙しくて死にそうな方はぜひ。

 

------

さて、今日の本題は

中小企業(SME: Small and Medium Sized Enterprises) の税法上の優遇について。

 

(1)マレーシアでの中小企業の定義

マレーシアの税法上の中小企業の定義は、単純化していいますと

資本金が250万リンギを超えないこと

です。

この250万リンギの計算においては

そのマレーシア法人自体の資本金額ではなく、

そのマレーシア法人を支配している親会社の資本金も含みます。

ですので、

マレーシア法人自身の資本金が50万リンギや100万リンギであったとしても、

その親会社の資本金が300万リンギのような場合、

そのマレーシア法人はマレーシアでは中小企業に分類されないこととなります。

 

(2)マレーシアでの中小企業の税制上のメリット

中小企業は

利益50万リンギまでは 法人税が 18% に減税されます(2017年度以前は19%)。

それを超える部分は 通常の法人税24%が適用されます。

 

また、

初期の2事業年度、予定分納が免除されます。

マレーシアの予定分納制度はかなりややこしいので

これは大きなメリットです。

 

さらには

少額資産の償却に関する優遇があります。

 

また、

まだ明文化はされておらず検討段階ですが、

もしかしたら将来的に、

中小企業は(もしくは中小企業で、かつ、その他の条件を満たした会社は)、

Auditor による会計監査が免除される、

というようなこともあるかもしれません。

 

------

雑記1: Labuan IBFC から、セミナー講師のお誘いがありました!

ラブアン法人制度や金融ライセンス等の制度のプロモーションを担当している、Labuan International Business and Financial Cernter(Labuan IBFC) より、

「今後、日系企業や日本人に対して、より強くラブアン金融・国際ビジネスセンターをプロモートしていきたいので

一緒にセミナーを開催しませんか?」

とお誘いがありました!!

来週打ち合わせに行ってきます。

もしかしたら、日本で共同開催セミナーを開催する運びになるかもしれません!!

Labuan IBFC:  Labuan International Business and Financial Center

------

それではまた。

2017年4月7日

司法書士 熊木 雄介
Email: info@office-kumaki.name

※ ご相談やお仕事のご依頼につきましては、まずはEメールにて、ご相談内容・ご依頼内容をお送りいただけますと幸いです。

※ 弊社は、毎月複数件のラブアン法人設立、就労ビザ申請、法人口座開設をお手伝いさせていただいております。また、我々司法書士には守秘義務がありますので、安心してご相談くださいませ。

※ 匿名でのお問い合わせや十分な情報をいただけないお問い合わせにはお応え致しかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

<<ラブアン法人設立サポートのウェブサイトはこちら!>>
実績多数! ラブアン法人設立サポートサービス! (新しいタブで開きます。)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。