ラブアン島にある「HSBCマレーシアのラブアン支店」と「HSBCラブアン」。

ラブアン島には、二種類の銀行があります。

例えばHSBCに関して言うと、HSBCマレーシアのラブアン支店がひとつ。

そしてもうひとつは、HSBCのラブアン現地法人

HSBCマレーシアのラブアン支店の方は、ラブアン島の市街地街中に店舗を構え、

個人向けの預金口座サービスや窓口サービスを行っています。

 

こちらが街中のHSBCマレーシアのラブアン支店。

20130914-004734.jpg

そして、一般的に「オフショア銀行」と言われるものに該当するのはこちら。

ラブアン島市街地の西の端に位置する「ファイナンシャル・パーク」(ひとつの建物)内にあるHSBCのラブアン現地法人。

 

 

20130914-004603.jpg

 

他の銀行もこの同じビル内に、ラブアン法人のオフィスがありました。

どの銀行も一般的な窓口業務は行っておりません。

20130914-004614.jpg

 

20130914-004657.jpg

 

ファイナンシャルパークの外観。

グランドフロアと1階はショッピングモールになっています。

20130914-004715.jpg

 

私が現地で確認してきたところによると、オフショア銀行の方は、そもそも口座開設業務は行っていないというところや、口座開設可能であっても非常にハードルが高い(売上の規模や、関連会社の過去の取引実績など)ところが多く、一般的には利用できないという印象を持ちました。「ラブアン法人の株主が法人の場合のみ口座開設可」という銀行もありました。

また、オンショアの方でも、ラブアン法人のうちNon-Trading Companyは口座開設を認めないとしている銀行などもあり、マネーロンダリング防止という世界的な潮流がここラブアンにも及んでいると感じました。

といいながら、「銀行自身はラブアンに法人なんかを作っていったい何をやっているのだろうか?」というのが今回の出張で感じた最大の疑問。

司法書士 熊木雄介
Mail: info@office-kumaki.name

 


 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。