【ラブアン法人】2020年度決算の法人税支払いについて:MYR口座への事前の資金移動

この記事を読むのにかかる時間: < 1

こんにちは。
KSG Holdings Ltd.の司法書士 熊木です。

今月末あたりが、2020年度(2020年12月末期)に関する法人税申告&支払いの期限となっておりますが、
もし今の段階でもまだAuditorによる会計監査や、Tax Agentによる税計算が完了していない場合、期限ギリギリに法人税額が知らされることが想定されます。

そこで問題となるのが、法人税の支払いも期限(10月末)までに間に合うかどうか、という問題です。

ラブアン法人の場合、事業自体は外貨(USDやJPYなど)で行っていることから、MYR口座ではなく、外貨口座に資金の大半が保管されており、MYR口座にはわずかなお金しか入っていないという場合も多いかと思います。

その場合、申告期限のギリギリに法人税額が知らされた後に、その納税資金を外貨口座(USD口座やJPY口座など)からMYR口座へ移し替えるという作業を行っていますと、銀行側の処理が間に合わず、支払期限までに税務署への支払いが間に合わない可能性があります。

したがいまして、
今の段階でおおよその法人税額をご確認いただき、その金額を先にMYR口座へ移しておくことで、期限ぎりぎりで銀行手続きでバタバタとすることがなくなるので良いかと思います。

先にMYR口座へ移しておけば、Tax Agentから法人税額が知らされた後には、MYR口座からオンラインで直接税務署へ支払いを行う、という作業のみをすればよいことになりますので、最短1~2営業日ほどで完結することとなります。

 

それではまた。

2021年10月25日

司法書士 熊木 雄介
Email: info@office-kumaki.name

※ ご相談やお仕事のご依頼につきましては、まずはEメールにて、ご相談内容・ご依頼内容をお送りいただけますと幸いです。

※ 弊社は、毎月複数件のラブアン法人設立、就労ビザ申請、法人口座開設をお手伝いさせていただいております。また、我々司法書士には守秘義務がありますので、安心してご相談くださいませ。

※ 匿名でのお問い合わせや十分な情報をいただけないお問い合わせにはお応え致しかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

<<ラブアン法人設立サポートのウェブサイトはこちら!>>
実績多数! ラブアン法人設立サポートサービス! (新しいタブで開きます。)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。