奥さん用に Surface Pro 2017年モデル を購入しました !

こんにちは。

KSG Holdings Ltd.の司法書士 熊木です。

 

我が家の大黒柱である奥さん氏が

クアラルンプール日本人学校のPTAの役職に就任させていただきまして

傍から見ていると、今後バタバタと事務作業や画像編集が増えそうな様子だったので

Microsoft の Surface Pro 2017年モデル をプレゼントしました。

 

Surface Pro は初代から第4世代まではSurface Pro からSurface Pro 4 のような感じでナンバリングされていたのですが

第5世代はなぜかナンバリングがなくなり、Surface Pro となりました。

 

マレーシアでIT機器を買うときはまずは 中心地 Bukit Bintang のPlaza Low Yat へ行きます。

今回もPlaza Low Yat へ行きましたら、ちょうどプロモーションをやっているのを見つけまして

Core i5、メモリ4GB、SSD128GBのモデルが黒キーボード付き(600~700リンギ相当)で

3999リンギット!

そして、ペンが300リンギほどだったので合計4300リンギ(約12万円弱)でした。

 

 

メモリが今どき4GBしかない点が心もとないですが

オフィス操作とか軽い画像編集がメインであれば特に問題はないでしょう。

 

SSD128GBも少ないと思われるかもしれませんが、今はクラウドで補うことができるのでこちらも問題ないと思います。

 

購入後の初期セッティングでさっそくあれやこれやと触らせてもらいましたが、

タブレットなのにWindows10がそのまま動いてマルチタスクなんかもらくらくで、

ペン操作やタッチ操作もできて、

解像度が非常に高いのでいくつもの画面を開きながら作業できありもして、

最高ですね。

ウィンドウズラップトップにしては珍しく、トラックパッドもMacに近いくらいにさくさくぬるぬる動きます。

 

キーボードがたゆまないか心配でしたけど、思ってたよりもしっかりしていて普段遣いには問題なさそうでした。

今ウィンドウズのラップトップ購入を考えている方は、

Surface Pro2017年モデルを最有力候補として検討されても良いと思います。

 

たしかに、普通のラップトップに比べるとデメリットに感じる点もいくつかあります。

  • 重さの比重がキーボード側ではなくてディスプレイ側にある点
  • 構造上、普通のラップトップよりもより広いスペースが必要である点(ディスプレイ背面の支えをおくスペースが必要)
  • USB等の差し込みがディスプレイ側にあるのでUSBを指すと少し不格好
  • メモリやSSDの増設が不可

などなどです。

が、それを補うほどにメリット面の魅力が上回っている良いラップトップだと思います。

 

私自身はといえば、

Surface Proのキーボードにトラックポイントがあり、

キーストロークがもう少し深ければSurface Proへの変更も考えますが、

やはりThinkPad のキーボード、トラックポイント、そしてこの武骨なデザインが好きですので、

まだしばらくはこの古いThinkPad X220 でがんばります。

 

 

それでは仕事に戻ります。

2018年3月21日

司法書士 熊木 雄介
Email: info@office-kumaki.name

※ ご相談やお仕事のご依頼につきましては、まずはEメールにて、ご相談内容・ご依頼内容をお送りいただけますと幸いです。

※ 弊社は、毎月複数件のラブアン法人設立、就労ビザ申請、法人口座開設をお手伝いさせていただいております。また、我々司法書士には守秘義務がありますので、安心してご相談くださいませ。

※ 匿名でのお問い合わせや十分な情報をいただけないお問い合わせにはお応え致しかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

<<ラブアン法人設立サポートのウェブサイトはこちら!>>
実績多数! ラブアン法人設立サポートサービス! (新しいタブで開きます。)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。