マレーシア・リンギットの定期預金もほどほどに、、、。

 

こんにちは。
KSG Holdings Ltd.の司法書士 熊木です。

 

リンギット預金はほどほどに、、、

マレーシアの銀行は、定期預金の利率がリンギット建てですと3~4%もありますので
移住してこられたばかりの方々は驚くのですが
金利が高いからといって、資産の大きな割合をリンギットに両替して預けておくのは危ないと思います。

これが
資産をドルと円とに分けて保有するというようなことであれば
基本的には円が下がればドルがあがり
ドルが上がれば円がさがるというような一定の関係性があるために
資産を減らす可能性は少ないかと思いますが、
資産の大半をリンギットで保有するというようなことをした場合、
リンギットのみが大きく下がり、ドルや円は上昇しないというようなことも割と高い確率であると思うからです。

たしかにリンギットは高い利息がつきますが
ドルや円ほどは強い基盤のある通貨ではなく、ある日突然急激に下げる可能性もありますので
何年か高い利息を享受したとしても、数年後に一気にリンギット安が起こり
それまでに得てきた利息収入を吸収するくらいに損失を出す
というようなことも可能性としては考えられます。

表面上の金利だけで判断せず、
総合的にみて、ポートフォリオを組まれるのが大事かと思います。

 

資産分散は通貨だけでなく、国や地域も

少し話はずれますが、
資産を保全するという意味では、通貨の分散だけでなく、
預ける国・地域も複数に分散するのが大事なのだと思いますが(日本、東南アジア、アメリカ、欧州のように)、
最近はその国で口座を開くにはその国の長期滞在ビザや就労ビザの保有が条件となっている国が多く、
なかなか簡単ではなくなってきていますね。

昔はHSBCのプレミア口座を保有していれば、他の国のHSBCで簡単に口座を開くことができると言われておりましたが
それもなかなか難しくなっている印象です。
(できたという話も聞きますので、完全に不可ではないようですが)

 

それではまた。

2019年7月3日

司法書士 熊木 雄介
Email: info@office-kumaki.name

※ ご相談やお仕事のご依頼につきましては、まずはEメールにて、ご相談内容・ご依頼内容をお送りいただけますと幸いです。
※ 弊社は、毎月複数件のラブアン法人設立、就労ビザ申請、法人口座開設をお手伝いさせていただいております。また、我々司法書士には守秘義務がありますので、安心してご相談くださいませ。
※ 匿名でのお問い合わせや十分な情報をいただけないお問い合わせにはお応え致しかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

<<ラブアン法人設立サポートのウェブサイトはこちら!>>
実績多数! ラブアン法人設立サポートサービス! (新しいタブで開きます。)

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます。